« 2020年11月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2020年11月28日

PMTCについて

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングの略で、自分で行うブラッシングだけでは落ちない歯の汚れを歯科医師や歯科衛生士といったプロが専用機器を用いて綺麗にクリーニングすることをいいます。

★PMTCの効果
・虫歯の予防
・歯周病、歯肉炎の改善と予防
・口臭の予防
・歯の着色を除去し、審美性を向上させる
主にこういった効果があります。
茶渋やタバコのヤニによる頑固な着色を除去することもでき、見た目も非常に美しくなります。

PMTC.jpg

★よしはら歯科でのPMTC
所要時間は30分~1時間程度で着色の付着具合により時間や料金が異なります。
お口の中を見て判断させていただきますので、気になる方はスタッフにご相談下さい。

よしはら歯科医院のホームページはこちら。
山形県山形市若宮3-1-22 / tel : 023-685-8741

Google +1
2020年11月20日

口の中をきれいにして冬を迎えましぃう。

寒くなってきた季節とともにインフルエンザ等のウイルス感染症が流行してくる時期にきました。
ウイルス感染は、鼻と口と目から起こります。インフルエンザの場合、お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスが感染しやすくなります。お口を清潔にし、健康に保つことがウイルス感染の水際対策なのです。お口に住んでいる細菌が出すたんぱく質分解酵素は、ウイルスが粘膜細胞の中に感染することを促進します。
年末にかけてお口の中を健康な状態にして、ウイルスを撃退しましょう!

よしはら歯科医院のホームページはこちら。
山形県山形市若宮3-1-22
tel : 023-685-8741

Google +1
2020年11月13日

むし歯の治療

むし歯菌に感染した歯は、そのままにしても自然治癒しないため治療しなければなりません。むし歯菌に感染した歯を削って感染を取り除くと歯は薄くなります。そのままでは、痛みがでたり噛みにくくなったりします。また、一部分が欠けた状態なので見た目も悪くなります。そのため、元の形にもどさなければなりません。元の形や機能を戻すための歯の修理を歯冠修復といいます。ここでは、あまり大きくない部分的なむし歯の歯冠修復をご説明します。
① 直接歯科用プラスチックの詰め物で修理・・・CR充填 歯の削る量も少なく歯とおなじような色で修理できます。
ダウンロード.jpg
② 型取りして作ったかぶせ物で修理・・・インレー、アンレー 少し進行し象牙質までむし歯菌が感染した場合の歯冠修復 
保険適用:銀歯
保険適用外:セラミックス等
img_ceramic_inlay_feature_01.jpg
むし歯が小さければ①の治療で済みますが、大きくなれば②の治療が必要となります。さらに進行すると、根の治療して冠を被せたり抜歯が必要になることもあります。むし歯の早期発見・早期治療はむし歯の治療を最小限におさえ永く保存することにつながります。定期な検診をおすすめします。

Google +1
2020年11月 5日

鼻呼吸と口呼吸

鼻から息を吸って、鼻から吐き出す「鼻呼吸」が本来の正しい呼吸法ですが、口から息を吸って、口から吐き出す「口呼吸」をする方が増えています。「口呼吸」は悪習癖です。普段の何気ない呼吸が、お口や全身に影響を与えている場合があります。

【口呼吸のデメリット】
●むし歯・歯周病になりやすい●
口呼吸をするとお口の中が乾き十分な唾液の量が得られません。唾液は歯に対して常にミネラルを供給し、歯の表面を修復する再石灰化を促します。歯が乾燥し、唾液も少ないとすぐにムシ歯になってしまいます。
また、歯ぐきも乾燥します。唾液には殺菌作用の働きもあり、口呼吸によって歯ぐきが乾燥すると唾液のバリアー機能がなくなるため歯ぐきが赤く腫れ、歯肉炎・歯周病も進みやすくなります。
●着色しやすくなる●
口呼吸で歯の表面が乾き、唾液の量も少ないと、汚れがこびりつき茶色く着色しやすくなります。
●口臭が強くなる●
口臭の原因は細菌です。口呼吸によって唾液量が減ると細菌の量が増えて口臭が強くなります。
●歯並び・顔つきにも影響●
唇・舌・口の周りの筋肉の力のバランスが乱れ、前歯が出っ歯になったり、上唇がめくれてボーっとした表情になりやすくなります。
●病気・アレルギーになりやすくなる●
病気の原因となるウィルスをたくさん含んだ外気が喉の粘膜に直撃することになります。口からウィルスが入り放題な状態になり、風邪をひきやすく、免疫力も低下してしまいます。慢性的なアレルギー体質にもなりやすいです。

【鼻呼吸のメリット】
鼻呼吸の最大の利点は、鼻の粘膜・鼻毛・繊毛により、ウイルスや細菌が体内に入るのを防いでくれることです。空気が鼻を通過すると加湿され、加温効果もあるので空気が喉の奥に行くと体温と同じ36℃くらいまで温められ、ウイルスや細菌が生きる力が低下します。風邪をひきにくくなり、免疫力アップにもつながります。インフルエンザや新型コロナウイルスの感染予防も期待されます。
いびき対策にもなるので、睡眠の質も上がります。口元・顔の筋肉も鍛えられ、小顔効果も。
歯科の観点からは、唾液がお口全体に行き渡り、歯・歯ぐき・粘膜の乾燥を防ぎます。

お子様だけでなく、大人の方も鼻呼吸を心掛けましょう。

鼻呼吸

よしはら歯科医院のホームページはこちら。
山形県山形市若宮3-1-22 / tel : 023-685-8741

Google +1
2020年10月23日

歯磨きの大切さ

歯磨きは何のためにするのでしょう。
先ずむし歯も歯周病も、原因は細菌です。
口の中には唾液があり、通常であれば唾液の役割の一つである自浄作用が働いています。しかし、唾液の量が少なくなる時があります。
それは寝ている時です。
寝る前のブラッシングが重要になります。
この前後のタイミングでしっかり歯磨きをする必要があります。

朝起きた時、お口の中は寝ている間に増えた細菌でいっぱいです。
歯を磨かずにこのまま飲食すると、その細菌を体内に入ることになります。
通常は問題はありませんが、体調を崩している時など免疫力が低下している時は誤嚥性肺炎を引き起こす原因になります。

理想は朝起きてしっかり磨くことですが、時間がない時は強くぶくぶくうがいをするだけでも効果的です。時間がある時や余裕がある時は、起床後、朝食後に歯磨きを行いましょう。


よしはら歯科医院のホームページはこちら。
山形県山形市若宮3-1-22 / tel : 023-685-8741

Google +1
2020年10月 7日

口呼吸とむし歯の関係

新型コロナウイルスの感染対策として欠かすことのできない存在になった・・
マスク!!

マスクの慣れない息苦しさから「口呼吸」が多くなりがちな方が
増えているといいます。

「口呼吸」が多くなると感染症・体調不良のリスクを高めると同時に
むし歯や歯周病に罹患するリスクも高くなります。

原因は「乾燥」です。
口呼吸が増えると口の中が乾燥し唾液がうまく回らずに
むし歯や歯周病の原因菌が繁殖しやすい環境になります。


対策の一つとして
「唾液線マッサージ」をおこなう事をおすすめします。

だえき.jpg

空いている時間を有効活用してむし歯・歯周病を予防しましょう


よしはら歯科医院のホームページはこちら。
山形県山形市若宮3-1-22 / tel : 023-685-8741

Google +1
2020年10月 2日

粘液嚢胞

今回は粘液嚢胞(ねんえきのうほう)についてお話します。
粘液嚢胞とは、唾液の流れがつまり、うまく流れずに貯留し膨らんでできる嚢胞です。
若い年齢でよく発症し、下唇の内側や頬の内側、舌の裏側にできることが多いです。
一般的に痛みはありません。
粘液嚢胞.jpg

原因の多くは誤って下唇を噛んだり、歯ブラシや硬い食べ物などで口の中を傷つけたりしてできます。
思い当たる場合は粘膜を傷つけないように気を付けてください。
つぶれて小さくなることもありますが、表面の傷が治るとまた唾液が溜り、繰り返すことがあります。
経過をみても小さくならず、日常生活に問題が出てくるようであれば、外科的に摘出することを検討します。
もし粘液嚢胞かな?と思われるようなものができた場合にはお気軽にご相談下さい。

よしはら歯科医院のホームページはこちら。
山形県山形市若宮3-1-22 / tel : 023-685-8741

Google +1
2020年9月25日

唾液のチカラ

唾液は健康に深く関わっています。口の中をうるおすだけでなく、口の中の細菌の増殖を抑え、口臭、虫歯、歯周病など様々なトラブルから私たちを守ってくれます。唾液は、99%以上が水分、残りの1%ほどに抗菌、免疫、消化などに関わる重要な成分を含みます。

唾液の働きはたくさんあります。
・自浄作用
歯や歯間に付着した食べかすやプラークを洗い流します。
・抗菌作用
抗菌作用をもつ成分が口の中の細菌の増殖を抑えます。
・PH緩衝作用
飲食により酸性に傾いた口の中のpHを中和させむし歯を防ぎます。
・再石灰化作用
飲食により溶けかかった歯の表面を修復しむし歯を防ぎます。
・消化作用
酵素アミラーゼがでんぷんを分解し消化しやすくなります。
・粘膜保護・潤滑作用
粘性のムチンが粘膜を保護し、発声をスムーズにします。
・溶解・凝集作用
味を感じさせ、かみ砕いたり飲み込んだりしやすい塊にします。


唾液の分泌が減ると口臭、口内のかわき、ねばねば感などの不快感が続き、虫歯や歯周病にかかりやすくなり、様々なトラブルを引き起こします。お口にうるおいのある生活を送りましょう。
drymouth_main.png

よしはら歯科医院のホームページはこちら。
山形県山形市若宮3-1-22
tel : 023-685-8741

Google +1
2020年9月19日

歯科健診のご案内

山形市内の小・中学校では、コロナの影響で延期されていた歯科健診がはじまりました。また、小学校の就学時健診も来月から各小学校ごとに始まります。コロナの影響で歯科受診を控えていた方も多く、口腔内の清掃不良が心配されます。学校の授業時間の変更や、夏季・冬季休業の短縮などで、歯科受診の希望時間帯が重なり、予約が取りにくくなることが予想されます。予定をたてて、早めにご予約をお取りされることをお勧めします。c-06-024.jpg

よしはら歯科医院のホームページはこちら。
山形県山形市若宮3-1-22
tel : 023-685-8741

Google +1
2020年9月12日

乳歯の隙間

乳歯は個人差はありますが生後6ヶ月頃から生えはじめ、2歳半頃に生えそろいます。乳歯の本数は上下合わせて20本です。
子供は成長とともに顎が発育し、正常な乳歯列では歯と歯の間に適度な隙間ができます。この隙間は「発育空隙」と呼ばれ、乳歯より大きな永久歯が無理なくきちんと並ぶための必要なスペースです。
むしろ隙間のない乳歯列は、永久歯が生えるスペースが足りずに歯並びがデコボコなってしまう場合があります。
顎の成長が正常な発育空隙の獲得につながります。前歯で咬み切る、奥歯でよく咬んですりつぶすなど、よく咬んで食べる食事を心掛け、顎の成長を促しましょう。

発育空隙.jpg

Google +1

よしはら歯科医院
院長 石山富士雄

よしはら歯科医院 院長 石山富士雄

医院サイト:
http://www.yoshihara-d-c.com/

こんにちは。よしはら歯科医院の院長/石山富士雄です。
当院は山形市若宮3丁目にあり、交通のアクセスがよく、周辺にはイオン山形南店、山形市立第10中学校などがあり気軽に通院できる歯科医院です。
開院以来、多くの皆さまに愛され支えられ、診療を続けてきました。私にとって、患者さまとの出会いは宝物です。その患者さまに少しでも「安らかで心が癒されるような治療」を提供できるよう、スタッフが一丸となって取り組んでいます。

Google +1