インプラント

インプラント

「事故で前歯を1本だけ失ってしまった」
「入れ歯では、しっかり噛めない」
「硬いものでも、自分の歯で噛めるようになりたい」

このように、入れ歯やブリッジでは満足できずに、お困りなことはありませんか。そうした方でも満足できる治療がインプラントです。インプラントは、天然の歯のような美しさと安定感があり、ご自分の歯で食事が楽しめるようになります。インプラント治療に関心をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

インプラント治療は、歯をなくした部分にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋入し、その上に被せ物をほどこして再び噛める状態にする治療です。

入れ歯やブリッジ治療は比較的短期間にできますが、安定性が悪く、健康な歯にかかる負担が大きいためベストな治療とはいえませんでした。これに代わる治療として登場したのがインプラントです。インプラントは失った「歯の根」から回復させるため安定性が高く、周りの歯にも負担をかけない優れた治療として期待が高まっています。

インプラントのメリットインプラント
インプラントの最大のメリットは、残っている歯を守ったうえできちんと噛んで食事ができるようになることです。入れ歯でも噛むことはできますが、安定性に欠けるため制限がでてしまいます。インプラントは、根元から回復して歯を固定させるので、ズレたり外れたりすることがありません。また、噛むことにより脳に刺激が伝わるので、認知症の予防やアンチエイジング効果にもつながります。条件が合致すれば、これほど素晴らしい治療はないでしょう。

無理をしない安全なインプラント治療

インプラントは、患者さまの生活の質を高めてくれる素晴らしい治療ですが、条件によっては治療が難しい場合もあります。無理なインプラント治療はトラブルのもとです。当院のインプラントは、カウンセリングや模型診断、CT診断をして、総合的に判断する安全な治療です。常に無理のないインプラントを心がけていますので、不安な要素が強い時は他の治療方法をご提案することもあります。

CTによる診査・診査診断インプラント治療
インプラントは、あごの骨の中にインプラントを埋入する治療です。骨の状態によっては手術が難しくなり、CTによる正確な診断が求められます。当院ではCT設備を導入し、CTによるインプラント診断を行っています。お口の中の奥行や骨の状態が立体的に把握でき、正確な治療計画を立案できます。血管や神経も確認できるため、これらを避けながらインプラント埋入位置のシミュレーションができます。

当院では、東北では第一号機となった歯科用CTスキャナー設備の導入により、より精度の高いインプラント診断を実現しています。

万全の治療設備はこちらへ

カウンセリングでラポール(信頼関係)を築くインプラント治療
カウンセリングでは、インプラントのメリット・デメリットだけでなく、ラポールを築きながら、患者さまの今後の生活や家族構成、経済状況などの背景を伺いつつお話しを進めていきます。もし、一回の説明だけでは不安が解消されない時は、不安の原因を探り、それを解決する方法をご理解いただけるまで説明いたします。もし、それでも不安が解消されない場合は、別の治療方法をご提案する場合もあります。不安を残したまま進めたのではよい結果には繋がりません。少しでも不安や疑問がありましたら、遠慮せずにお話しください。

ていねいなカウセリングはこちらへ

痛みの不安を取り除くインプラント治療
インプラント手術では、むし歯治療で使用する麻酔と同じく局所麻酔を使用します。手術内容が同じでも、人によっては痛みを強く感じることもありますが、事前に鎮痛剤と抗生剤を飲んでいただくことで術前・術後の痛みや腫れをコントロールします。痛みに対して不安が強いとそれがストレスとなり、小さな刺激でも強い痛みを感じてしまいます。執刀医およびスタッフ全員で患者さまを見守っています。術中に不安を少しでも軽減できるように、随時お声掛けをしています。

患者さまに痛みのストレスがかからないインプラント手術を心がけていますが、まれに、麻酔アレルギーなど体質的に局所麻酔が合わない方は、手術そのものが難しい場合があります。事前にご相談ください。

治療前にこれだけは知っておきたいこと

メンテナンスのすすめメンテナンスのすすめ
お口の中の環境は日々変化しています。インプラントを入れた後は安定した状態を維持するために、定期的にメンテナンスを受けてください。メンテナンスでは、インプラントや上部構造体(被せ物)、歯肉、噛み合わせなどの状態を確認し、お口の中全体をクリーニングします。インプラント歯周炎などの早期発見・治療につながり、お口の中の環境を保つことができます。ぜひ定期メンテナンスを受けましょう。

インプラントは万能ではありません
インプラントは、あごの骨の中に歯の根の代わりとなる人工歯根を埋入することで、硬い物でもしっかり噛めるようになります。何でも噛めるからといって強い衝撃が加わると、骨やインプラント体にダメージを与えてしまいます。インプラントを長持ちさせるには、食事内容に気をつけることも必要です。あまり神経質になる必要はありませんが、少し心がけていただくとよいでしょう。

また、咬み合わせのコントロールの為、夜間就寝時に使用するマウスピース(ナイトガード)の装着が必須となります。

FIDI Field Implant Dentistry Institute

私たちFIDIのメンバーは、従来のインプラント治療におけるテクニック偏重主義と一線を隔し、患者さま及び社会に対してインプラントを用いて健康を達成、維持することを目標としています。
私たちの目標は、患者さまを中心に歯科衛生士、歯科技工士、歯科医師が手を携えて時間を過ごすことにあります。そして以下のような目標を掲げています。

超高齢化社会を迎えて、栄養器官である歯、口腔の重要性及び欠損が生じた際の適切な対応を、歯科医療従事者だけでなく、広く一般に啓蒙する。インプラントシステムに囚われずに患者中心の治療を行うための重要点、注意点を整理し広める。EBMに留まることなく、多くの長期経過例を基に、実際の治療に役立つ情報を発信する。治療を円滑に行う為の新材料、機器の開発を進める。

インプラント治療の流れ

Step1.診査・診断インプラント治療の流れ
歯の型取りやCT撮影を行い顎や骨などの状態を正確に診断して、治療計画を立案します。CTデータをコンピューター上で解析して、インプラント埋入位置を正確にシミュレーションします。
次へ
Step2.インプラント手術(一回目)インプラント治療の流れ
局所麻酔をして骨の中に穴をあけ、インプラント体を埋入する手術をします。
次へ
Step3.状態が安定するのを待つインプラント治療の流れ
インプラントと骨が結合するのを待ちます。患者さまの状態によって個人差がありますが、通常は3~6か月で結合します。
次へ
Step4.二回目の手術インプラント治療の流れ
インプラントを埋入した部分の歯ぐきを開いて、アバットメント(土台)を装着します。
次へ
Step5.被せ物の装着インプラント治療の流れ
歯ぐきの状態が安定したら被せ物をほどこします。これで治療終了となり、この日からご自分の歯のように噛めるようになります。
次へ
Step6.メンテナンスインプラント治療の流れ
定期メンテナンスで、インプラントの状態を維持します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせ