患者さまに優しい治療

患者さまに優しい治療

当院は患者さまに優しい治療を心がけています。治療前にカウンセリングで患者さまのご要望をきちんと確認し、正確な審査・診断、分かりやすい説明を行います。その後ベストな治療法をご提案し、歯ぐきの状態を安定させてから、むし歯治療を始めます。治療では今ある歯を残すことができるよう最善の努力をし、痛みに配慮した治療に努めています。不安や疑問を取り除き、患者さまのご要望を再優先に考えた安心できる治療を提供できるよう、スタッフ一同で取り組んでいます。歯の痛みや腫れでお困りの方は、お早めにご相談ください。

カウンセリングを大切にした治療
治療の主体は患者さまです。当院では患者さまのご要望を尊重し、できる限りニーズに合わせた治療を心がけています。治療前のカウンセリングを重視し、現在お困りのことやお悩みのことに対して、何を望んでいるのかをしっかりお聞きする事から始めます。すべてのご要望を満たせるとは限りませんが、できる限り患者さまの声を取り入れてベストな治療をご提案いたします。

ていねいなカウンセリングはこちらへ

痛みの少ない治療
治療中の痛みは患者さまにとって大きなストレスです。治療中の痛みを和らげるために、強い痛みが伴う場合は、麻酔をかけてから治療をします。表面麻酔や電動麻酔器、麻酔液を温めるウォーマーの使用や、ハリの打ち方の工夫など、痛みに配慮した治療に取り組んでいます。

痛みに配慮した治療はこちらへ

患者さまと歯を守るMI治療(低侵襲治療)

【MI治療】できるだけ神経を残すMI治療
当院では今ある歯をできるだけ残して患者さまの身体にダメージを与えないよう、最善の努力で取り組んでいます。神経まで達している場合は、歯の神経をとる処置が必要な場合があります。明らかに抜髄が必要な時は、患者さまに状況をきちんと説明し、ご理解いただいてから抜髄をします。残せる可能性がある場合は、ドックスベストセメントなどを使って様子を見て、それでも神経の保存が無理な時にはリスクマネージメントを説明した上で、抜髄をします。

【MI治療】できるだけ歯を残す
歯を残す治療を基本に考えていますが、むし歯の進行状態によっては、残しておくことでかえって他の歯にダメージを与えてしまうことがあります。抜歯が必要な場合は、残しておくことのデメリットをお伝えし、患者さまに決めていただきます。歯を1本失うだけで、患者さまのメンタリティは低下します。他の歯のためを考えると延命はよくありませんが、患者さまのメンタリティを守ることも大切だと考えています。どうしても残しておきたいという方には、できる限りの延命処置をいたします。ただし、延命が不可能になった場合はご理解いただいた上で、抜歯をさせていいただきます。

【MI治療】ドックスベストセメント法ドックスベストセメント法
ドックスベストセメント法(Doc's Best Cement)は、薬でむし歯を治す、歯をほとんど削らない治療法です。歯をごくわずか削り、天然ミネラルを配合した薬を入れて、その上から詰め物で蓋をします。むし歯は残っていますが、銅イオンの力で細菌が死滅してむし歯が完治します。歯をほとんど削らずに済み、再発もない治療として注目を集めています。

お口の中の状態を安定させてから

お口の中の状態を安定させてから当院では、むし歯があるからとすぐに治療を始めることはせず、歯石除去で歯ぐきの状態を安定させてから治療に移ります。患者さまにもよりますが、歯ぐきが腫れていたり歯石が溜まっていることが多く、その状態で治療をすると、被せ物を入れた時に歯ぐきと被せ物の間に隙間ができてしまいます。そこに汚れが溜まると、新たなむし歯ができて再治療が必要となってしまうのです。

当院のモットーは、「安らかで、癒されるように、痛くない治療」と「美しく長持ちする被せ物」です。長持ちする治療はお口全体の健康にもつながります。治療前に歯石除去を行うと、その分治療期間が若干長引きますが、長い目で見ると決して無駄な時間ではありません。患者さまの先々の健康を考えていますので、ご理解いただけると幸いです。

むし歯の進行状況と治療方法

CO(初期段階のむし歯)CO
歯の表面が酸で溶かされた状態ですが、穴が空いたり黒く変色するようなことはありません。この段階であればフッ素入りの歯磨き剤で歯磨きをすれば、再石灰化が望めます。

C1(エナメル質のむし歯)C1
歯の表面のエナメル質が溶かされて、小さい穴が空いています。象牙質まで広がってはいないので、痛みはありません。この段階になると歯は最小限に削って白い詰め物を詰めて治療します。

C2(象牙質のむし歯)C2
むし歯がエナメル質の下の象牙質まで広がり、冷たい飲食物や甘い食べ物がしみるようになります。この段階になると麻酔が必要で、小さいむし歯は白い詰め物を詰めて治します。むし歯が大きく広がっている場合は、大きく削って詰め物を作って被せます。

C3(神経に達したむし歯)C3
むし歯が神経まで達して激しい痛みを感じます。神経が壊死すると根の外で炎症を起こして膿がたまり、歯ぐきが腫れてきます。麻酔をして根管治療を行い、膿や神経を取り除きます。

C4(根だけが残っている状態)C4
歯のほとんどが溶かされて、根だけが残っています。この段階では治療が困難ですが、治療可能な場合は、根管治療をして延命します。それでも保存が難しい場合は、止むを得ず抜歯となります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせ